電子書籍を使ってみて

電子書籍というものを自分は避けていました。

なんか使ってて疲れそうだし、いれるのも面倒くさそう。紙のほうがいいんじゃないかなと先入観を持っていました

しかし、ある事情で自炊(自分で持っている本をスキャナーを使って電子書籍にすること)する機会があり、実際にできた本をPCで見るとすごく頭に入りやすい。楽で読みやすい。

自分は漫画ではなく、実用書をPCで読んだのですが、今まで全く理解できなかったのができたり、長時間読めるようになりました。沢山ページを読めることはかなり学習では大切だと思う。
自分の頭のレベルがワンランク高い状態で本を読めると思う

その理由。
①画面が起きている。固定されている。
これだけで見やすく、首の負担が少ないです。常に安定した状態で字もまっすぐなので脳がとてもリラックスする感覚があります。本だと上からのぞき込まないといけません

②ページをめくるのがクリックだけで腕を使って、本を固定したりめくらなくていいので、楽

身体のことも自分は結構知っているのですが、肩と首が凝ると、頭の働きが悪くなります。「借金で首が回らない」と昔から言うように、動かすのが指先だけでいいので、脳の負担が少なくなります
いい大学に入るような子は、首と肩の筋肉が脱力して柔らかい子が多いです

③字がまっすぐで、本のように凸状に紙面(画面)がなってないため、どの字も平等な形になる。これもとても脳が安心するので、すごく安定して読める感覚がある

書き手側もこれだけ理解しやすい状態になると冥利に尽きるのではないか。

全体を読むと部分がどういう意味を持っているかわかるので、より書物に書いてあることが深く理解できると思う。必要な情報の取捨選択もしやすい

ぼくはPCをお勧めします
実際kindleとかipadで読んだこともあるのですが、PCのほうがずっと読みやすい。


受験勉強などでも多くの電子書籍が出てくるといいな
実際に自炊というのもありだが、大事なのは字がまっすぐになるようにスキャナーに入れる時に紙面がまっすぐにならなければならない。これだけを守れれば自炊は案外簡単なのでおすすめです




この記事へのコメント